重要な報告会の成功のためにMCの派遣を検討しよう!

報告会のMCの責任は重大です。メディアや取引先企業関係者を招待して行うような大がかりな企業報告会は、今後の事業に大きな影響を及ぼします。場合によっては厳しい現実を語らねばならないこともあります。

独得の緊張感が漂うなかで、司会者は大きなプレッシャーをはねのけて会を順調に進行させなくてはなりません。このMCを素人の社員に任せてしまうと、言葉に詰まってしまったり言い間違いをしたりする危険性があります。

間違わなくても決まり文句の多様や、くど過ぎる表現などによって洗練されていないイメージの報告会になってしまうことが多いのです。

司会に必要なのは正しい言葉を使う力だけではなく、明るく前向きな雰囲気を作り出す力です。会のメインである報告が始まるまでに会場の空気を温かく和やかにすることが大切だからです。

テレビの番組収録では前説といって、事前に芸人が説明を兼ねて参加者を笑わせて空気を温める時間を持ちます。しかし、さすがに報告会で前説を入れるわけにはいきませんね。

その代わりに、司会者の落ち着いた声と穏やかな口ぶりが重要になるのです。厳しい訓練によって鍛え上げられた声と話し方が、聴衆を引き込んでくれます。言いよどみがちな素人とはレベルが違うことは来場者にもすぐにわかります。

司会者が第一声を上げたときに、会場にいる人たちは企業がこの説明会にどのような姿勢で臨んでいるか感じ取るでしょう。重要な報告会であればあるほど司会は経験の豊富なプロに任せるのが安心です。複数の候補者から企業のイメージに近い人物を選んで派遣してもらうことを検討するとよいでしょう。

声優・ナレーターをご検討の方はお問い合わせください